キャリアチェンジの図りとなる仕事量

エンジニアにキャリアチェンジをしたいと思った時に、やはりどれくらいの仕事があるのかというのがネックになってくるのではないでしょうか。
そもそも、もしもキャリアチェンジをしても、仕事がなければお話になりません。

しかしながら、結論から言ってしまうと、心配しなくても仕事は多種多様とあります。
むしろ、人手が足りなくて困っているという現状です。そんな中で、仕事があるかわからないからキャリアチェンジしないという考え方では、ステップアップしていくことが出来ず、結果的に仕事が減ってしまうということも考えられます。

問題は、キャリアチェンジをするまでが問題です。
多種多様に仕事があると言っても、専門分野にわかれていることが多いので、その専門分野に特化していないと、仕事にはありつけません。
今、もっとも人手がないと言われているIT業界ですが、専門分野に分けると、もっと人が足りていません。

エンジニアならばわかると思いますが、少し分かるのと専門的に特化しているのとでは、天と地の差があります。
なので、まずはどの分野にクラスチェンジしたいのかを定めて、その勉強をしていかなければなりません。

仕事はあるという盾があれば、あとは攻めるための剣を鍛えるだけです。
剣の鍛え方はそれぞれあると思いますが、とりあえずは資格勉強をオススメします。

資格取得は、その後の武器として長く使えますし、それを取るために勉強したことは、かならず無駄にはなりません。
逆に、専門的になろうとすれば、ニッチな部分にも理解がなければ務まりませんから、大きい部分を手に入れた証として、資格があると考えていただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です