不安に思う必要はなし

キャリアチェンジというと、どうしても身構えてしまうのではないでしょうか。
それこそ、エンジニアなどの専門職へのキャリアチェンジは、自分の知識不足や、仕事の量のことなどで、不安になってしまうことは多いかと思います。
しかし、それらは単なる杞憂に過ぎないのです。

大量の仕事
キャリアチェンジをした時に、仕事がどのくらいあるのだろうかということが気になるのではないでしょうか。
これは心配せずとも必ずあります。
しかも、エンジニアなどの専門職は、人手が足りなくて、猫の手も借りたいくらいの状況になっています。なので、「自分ができる仕事はないかも・・・」などと不安に思うことはないのです。

専門的な資格
キャリアチェンジをする時は、専門的な資格を取ることをオススメします。
これは、その資格を取れということではなく、取れるように勉強しなさいということです。
資格というのは、一種の通知表のようなもので、その後も勉強しなければいけないことがたくさんあるのです。
まずは広い範囲を抑えるために資格勉強をして、ニッチな部分を埋めるために専門的な勉強をしていくと、上手く事が運びます。

経験は役に立つ
キャリアチェンジの際に一番役に立つのが、それまでの経験です。
その職業で感じていたジレンマが、よりよいものを生み出していくのです。
そういった意味で、キャリアチェンジをした人というのは、案外重要視されていたりもします。
是非、これはこうしたほうがいいという考えを披露していっていただきたいと思います。

多様性が成功のもと
キャリアチェンジは、今結構推奨されていることなのです。
それは、どこの会社も多様性を求めているからです。
この多様性を上手く使って成り上がった会社は、海外をはじめ日本にもいくつか存在しています。
多様性こそ、これからの日本をより発展させていくために必要なことなのです。

以上の事柄から、キャリアチェンジは決して悪いことではないということがわかったと思います。後にもう少し詳しく別ページでお話ししたいと思います。キャリアチェンジとは、仕事における自分の立居地を変えること。全く不安がないという人はあまりいないものです。重要なのは、キャリアチェンジをしようと思ったキッカケ、それに至る経緯、天職と思える仕事をどう見つけるか・・などです。あせらず、心と向き合って進めるべきことなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です